• 式台玄関を忠実に再現
  • 花屋貴賓室 武家屋敷 桜御殿誕生
  • 土壁

2017年8月、名城として名高い上田城下の最後の武家屋敷であった「河合邸」は、
旅館花屋の貴賓室として受け継がれました。
これは、単なる武家屋敷の部分移築ではありません。
細部に至るまで武家屋敷の様式を忠実に踏襲しております。
旧上田藩の武家屋敷を体験できるだけではなく、
日本初の、旅館として宿泊体験のできる武家屋敷に仕上げました。
知的探求心を満たす貴重な一夜を、どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

  • 広縁
  • 旧上田藩 武家屋敷が花屋貴賓室に受け継がれる
    名城として名高い上田城。
    しかし、城下町たる上田の町にはほとんど武家屋敷が残っていません。
    河合邸は上田城跡公園に隣接する最後の武家屋敷でした。
    しかし残念ながら、平成二十八年の上田城跡公園周辺再開発により、
    河合邸は取り壊されてしまいました。
    言わば絶滅寸前にある上田の武家屋敷が完全に失われることは
    あまりに惜しく、母屋の建具や建材を移して再現し、
    後世へと伝えようとしたものが、この旅館花屋貴賓室です。

    詳細はこちら

  • 二つの書院がある河合邸の構造
  • 河合邸座敷外観(昭和初期)
  • 安政年間上田城下町絵図(上田市立博物館所蔵)に見る河合邸
  • 露天風呂
  • 一流旅館のおもてなしを受けて宿泊する資料館
    旅館花屋貴賓室は、単なる武家屋敷の部分移築ではありません。
    旅館としてはこれ以上無いほどの作り込みをもって、
    江戸時代の武家の息遣いが感じられる空間を再現しています。

    桜御殿のコンセプトは
    「一流旅館のおもてなしを受けて宿泊する資料館」。

    それに恥じない技術と知識を注ぎ込み、
    旧上田藩の武家屋敷を体験できるだけではなく、
    日本初の、旅館として宿泊体験のできる武家屋敷に仕上げました。

    知的探求心を満たす貴重な一夜を、
    どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

    詳細はこちら

  • 細く加工された障子の組子

このページのTOPに戻る